オフスノーでも圧倒的! GORE-TEXのジャケット!

ProductDetails_SS22Versatility_ChamonixFR_JesseDawson_3064のコピー2.jpg
Photo: Jesse Dawson

スノーボードショップのウェアやグローブのコーナーでは、すでにお馴染みのGORE-TEXプロダクト。そんなGORE-TEXプロダクトのなかでも、快適性と機能性を備えつつ、コンパクトに収納もできるGORE-TEX Paclite®︎プロダクトというものがあることをご存知ですか? 以前、「実際のところ、GORE-TEXって何がすごいの?」 という記事で、GORE-TEXプロダクトにまつわる疑問をいくつか解き明かしました。今回は、春夏のアクティビティを快適に楽しむためのアイテムをご紹介します。

違いは構造にあり

スノーボードウェアやグローブでお馴染みの黒いタグ。GORE-TEXファブリクスを使用したアイテムということはもちろん、プロダクトの構造や設計をはじめ、Gore社のシームテープで縫い目を覆うなど、厳しい審査をクリアしたアイテムにのみ付けることができるものです。GORE-TEX Paclite®︎プロダクトにも黒いタグが付いていますが、その構造は、スノーボードウェアに使用されている2レイヤーや3レイヤーのGORE-TEXファブクリクスと大きく異なります。GORE-TEX Paclite®ファブリクスでは表地にメンブレーンを貼り合わせ、それを保護するための特殊コーディングを施している点がポイントです。つまり、2レイヤーや3レイヤーに比べて薄い仕上がりで、驚くほどコンパクトになるのです。ジャケットのポケットに収納でき、いつでもバックパックに忍ばせておけるので、多くのアウトドア愛好家に人気です。

GORE-TEX logo
お馴染みのGORE-TEXダイヤモンドロゴ

Burtonでは、通常のGORE-TEX Paclite®ファブリクスに加え、より耐久性の高いGORE-TEX Paclite® Plusファブリクスを使用したアイテムも展開しています。これは裏地に耐摩耗加工のコーティングを追加したもので、よりハードな使用に耐えられるタフな作りになっています。前者が毎日を快適に過ごすバックアップジャケットなら、後者はいざというときに役立つ究極のバックアップジャケットと呼べるでしょう。

GORE-TEX Paclite®︎ image
透湿性や防水性、防風性に加え、「小さくできる」という点にもこだわったGORE-TEX Paclite®ファブリクス
GORE-TEX Paclite®︎ Plus image
耐摩耗加工を施し、ハードなアクティビティでも安心のタフさが魅力のGORE-TEX Paclite® Plusファブリクス

GORE-TEX Paclite®ファブリクス採用ジャケット

Women’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Women’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Men’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Men’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket

GORE-TEX Paclite® Plusファブリクス採用ジャケット

Women’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Women’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Men’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Men’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
GORE-TEX Paclite®︎ image
防風性にも優れているので、晴れた日のアクティビティにも最適です / Rider: Brock Crouch / Photo: Aaron Blatt
GORE-TEX Paclite®︎ Plus image
後述するように、吸汗性や速乾性に優れたベースレイヤーをレイヤリングしましょう / Rider: Brock Crouch / Photo: Aaron Blatt

Burtonならではの機能

優れた快適性と機能性はもちろん、パッカブル仕様というボーナスも付いたGORE-TEX Paclite®プロダクトですが、Burtonではアイテムの「遊び心」にもこだわっています。山登りやハイキングにピッタリなMultipath GORE-TEX Shell Jacketは、ジャケットを脱いでもハンズフリーで持ち歩けるキャリースリングを採用し、取外し可能なスマホ用防水TPUバッグも付属。急な雨からスマホを守れるのは嬉しいですよね。超軽量かつ耐久性抜群の[ak] Surgence GORE-TEX Jacketには、春のスノーボードやハードなアクティビティでも快適に過ごせるようベンチレーションを搭載し、デジタル時代に対応できるようポケットも豊富に備えています。どちらもオールシーズン活躍してくれるので、1着持っておくと安心のアイテムです。

Multipath JKT Tech
キャリースリング採用で、こんな風に背負うことも可能。ジャケットを脱いだとき両手が自由になります
Surgence JKT Tech
外側にはポケットが3つ、さらに内側にはメッシュポケットも配置。スマホも非常食も必要なものを全て収納できます

もちろんレイヤリングはマスト

スノーボード同様、GORE-TEXファブリクスの特性を最大限に引き出すためには、 レイヤリングが欠かせません。水蒸気を通すGORE-TEXメンブレーンですが、水分を通すことはできません。つまり、汗を吸って水蒸気にしてくれるベースレイヤーを着用していれば、より快適な環境をキープできるというわけです。GORE-TEXジャケットとベースレイヤーの間に着るミッドレイヤーも、やはり透湿性に優れたものをチョイスすべきでしょう。

いかがでしたか? スノーボードでもその他アウトドアアクティビティでも、基本は同じです。GORE-TEX Paclite®プロダクトはコンパクトに収納できるので、バックパックに備えておくときっと役立つときがくるでしょう。素材の特性を理解し、もちろんレイヤリングも忘れず、快適に自然遊びを楽しんでください。




SHARE