正しいレイヤリングを学びましょう

思い切り楽しい時間を過ごすためには、まず「何を着るか」が重要になります。要するに、より快適なアイテムを選べば、より長く外で遊んでいられるということ。シンプルですよね? ここで紹介するベースレイヤーやミッドレイヤー、シェルレイヤーは、それぞれが相互に機能することで常に温かくドライな環境を提供します。アクティビティやコンディションによってレイヤーをプラス・マイナスするだけで、気の向くままに好きなことだけをやれるというわけ。遊びの達人はレイヤリング上手ってことなんです。


まず知っておきたいこと

常に適した服装を

アウトドアへ出かけたとき、ぜひ周囲を見渡してみてください。みんな、各々が違った服を身につけています。「ちょっと暑過ぎじゃない?」という厚着な人もいれば、「何か羽織らないと寒くない?」という薄着な人もいるでしょう。レイヤリング = レイヤーのプラス・マイナスは、常にあなたを最適な装備へと導いてくれます。

変わりやすい天気に対応

天気は変わりやすいもの。雨、晴れ、雪、風……、特に自然のなかでは、急に空模様が変わることなど日常茶飯事です。しかしながら、様々な素材や機能を採用したアイテムでレイヤリングしていれば、天気の変化にも素早く順応できます。

フィットも大切

フリースやインサレーターの下にベースレイヤーを着たとき、フリースの上にシェルジャケットを羽織るとき、ストレスフリーで動きまわれるか、もしくはスムーズに袖を通せるか、ついつい見落としがちですが、これらはとても重要なポイントです。だからこそ、Burtonでは各レイヤーの相性を十分にテストし、レイヤリングすることを前提にデザインしているんです。

レイヤリングの基本

適したレイヤリングには、いくつかのポイントがあります。普段、厚着と薄着のどちらが多いですか? 激しい運動をする予定はありますか? 天気予報はどうですか? フードは好き、それとも嫌いですか? まずは、自分に問いかけてみましょう。


「ややこしいな……」と思う人もいるでしょうが、レイヤリングの素晴らしさは幅広いオプションにあります。もう1枚着たり、逆に1枚脱いだりすることで、瞬時に最適な装備へと変身できるんです。吸汗性に優れたベースレイヤーで山を登り、頂上に着いたら温かいミッドレイヤーを羽織り、必要に応じてシェルレイヤーをプラスする。とても簡単なんです。


では、ここで各レイヤーについて説明しましょう。

最も重要なレイヤー

ベースレイヤー

まず最初に着るレイヤーです。汗を吸い上げることで体の冷えを防ぎつつ、常にサラサラな状態をキープします。

素材

確かなパフォーマンを得るには、透湿性と吸汗性に優れたものがマストです。コットン100%は避けましょう。

DRYRIDE Ultrawick

優れた透湿性と吸汗性を備えています。微細な繊維でできており、体温を奪い去る汗を皮膚から取除きながら外部へ放出します。

Living Lining®

体温に反応するLiving Lining®は、体が温まっているときには吸汗性が加速され、逆に冷えているときは熱を捕えます。つまり、常にほど良く快適な環境を提供できるのです。

Polartec®

様々なアクティビティや天気で最高レベルのパフォーマンスを発揮します。Burtonでは数タイプを採用。

天然vs化学


ウールのような天然繊維は濡れているときでも温かさを保ち、持って生まれた防臭性も備えています。一方の化学繊維は軽く、速乾性や耐久性に優れています。

フィット

ミッドレイヤーの下に着ることを考慮し、ダボダボ過ぎないサイズを選びましょう。

フィーチャー

摩擦を軽減する柔らかい縫い目、袖のズレを防ぐサムホール、bluesign®認証でバイオサイドを排除した防臭加工などを採用。

しっかり保温

ミッドレイヤー

主に保温性をプラスするレイヤーです。その日の天気や予定に合わせて選びましょう。レベルの異なる保温性を備えたアイテムが揃っています。

素材

様々な素材やテクノロジーを採用しています。

フリース

比較的温かい、晴れの日に最適です。ライトウェイトからヘビーウェイトまで、保温性の異なるアイテムを多数ラインナップ。どれも透湿性に優れ、晴れた日にはシェルジャケットなしで着用しても良いでしょう。

ボンデッドフリース

比較的温かい、晴れもしくは雨の日に最適です。透湿性や吸汗性に優れ、多くのアイテムで撥水加工を施しています。一般的なフリースと比べてスムーズな表面が特徴的で、耐候性を高めるため外側にレイヤーを貼りつけているためです。

ダウン

寒い、晴れの日に最適です。ミッドレイヤーにダウンを起用すれば、圧倒的な保温性を手にできます。Burtonのダウンジャケットはどれも軽く、その多くがパッカブル仕様になっています。また、社会的責任に基づき採取されたダウンのみを使用しています。

化繊インサレーション

寒い、晴れもしくは雨(雪)の日に最適です。濡れた状態でも保温性をキープできるのが化繊インサレーション最大の長所で、透湿性や耐久性に優れているのもポイントです。とにかくアクティブな人にオススメします。

フィット

上に着るシェルレイヤーとの相性が重要です。Burtonでは、重ねて着ることを想定してデザインしているので、フリース + シェルでも動きやすさを損ないません。

フィーチャー

フード、ベント、袖のズレを防ぐサムホール、ストレッチ素材などを採用。

悪天候をシャットアウト

シェルレイヤー

ベースレイヤーやミッドレイヤーの上に着るシェルレイヤーは、雨や雪、風に対する防御の最前線です。

シェルレイヤーは、インサレーションなしとインサレーションありの2バージョンで展開しています。インサレーションのないシェルジャケットは最も汎用性が高く、ミッドレイヤーとベースレイヤーをプラス・マイナスすることで保温性を調節できます。まずは、天気予報やその日の予定と相談してみてください。一方のインサレーション入りジャケットはダウンや化繊インサレーションを採用しているので、寒い日に抜群の温かさを発揮します。もちろん、保温性マックスを求めるのなら、インサレーション入りジャケットの下にフリースをレイヤリングしましょう。

素材

様々な素材やテクノロジーを採用しています。

DRYRIDE

BurtonのDRYRIDE 2レイヤー素材は、防水性や透湿性、速乾性に優れています。

GORE-TEX

究極の防水性、防風性、透湿性を誇るGORE-TEXファブリクス。Gore社の厳しいテストをクリアしています。

GORE-TEX INFINIUM™

優れた透湿性や耐候性を備えたGORE-TEX INFINIUM™ファブリクスは、防水性よりも快適性を求めるユーザーにオススメです。

フィット

厚手のミッドレイヤーを着ることもあるので、適度なスペースを確保できるサイズを選びましょう。

フィーチャー

調節可能なフードや袖口、ベント、風の侵入を防ぐ内側のストームフラップどを採用。

ビレイジャケット

特に寒がりな人や雪山でキャンプする人、南極に住んでいる人のために、Burtonではビレイジャケットも展開しています。Men's [ak] Baker Expedition Down Jacketはラインナップで最も優れた保温性を備え、オーバーサイズなのでシェルジャケットの上に着ることができます。これさえあれば、極寒のシチュエーションでも温かくいることができます。

For Performance in the Worst Conditions

Ultimate protection for pushing your limits. Get a highly technical base, mid, and shell layer that gives you maximum warmth, waterproofing, and versatility with minimal bulk and weight.

レイヤリングサンプル

何をゲットすれば良いのかイマイチわからない人のために、アドベンチャー仕様のコーディネートを組んでみました。

何事も経験が全て

レイヤリング上手なBurtonライダーに聞いてみましょう。

「必ずしも天気予報が当たるわけじゃないから、レイヤリングさえしっかりしていれば、天気に左右されずアクティブでいられるのよ」



- ジュリア・マリノ

人気の高い

レイヤリングコーディネート

Go back to top