GORE-TEXの2レイヤーや3レイヤーって何?

Group_W22AsahikawaJPN_KentaroMatsuda_4179のコピー2.jpg
Photo: KentaRAWmatsuda

1つ前の記事を読んで、GORE-TEXへの理解度は深まったと思います。ところで、カタログやWebで2Lや3Lといったワードを見て、頭に?マークが浮かんだ経験はありませんか? GORE-TEXのスノーボードウェアには、大きく分けると2L(2レイヤー)と3L(3レイヤー)の2種類があります。ちなみに、L(レイヤー)とは層のこと。つまり、2レイヤーは2層構造、3レイヤーは3層構造なのですが、ここではそれぞれのストロングポイントについて解説していきます。

基本の2レイヤー!

sync02.jpg
GORE-TEXメンブレーンの片側のみに生地を圧着したものが2レイヤー

sync01.jpg
インサレーション入りの人気モデル、Men’s [ak] GORE-TEX Swash Jacket
Rider: Kam Weakley / Photo: Jesse Dawson

GORE-TEXファブリクスは、その核となる防水透湿フィルム、GORE-TEXメンブレーンに生地を貼り合わせたものです。メンブレーンの表側のみに生地を圧着したもの(表地+メンブレーン)を2レイヤーと呼びます。ただ、このままではメンブレーンが剥き出しになってしまうので、裏地(ライナー)が必要になります。言い換えると、そのモデルの使用フィールドに合わせて、ブランド側で自由に裏地を変更できるメリットがあるということ。例えば、汗をかくようなシチュエーションを考慮してメッシュライナーを採用したり、肌触りを重視してタフタライナーを採用したり……。Burtonでは、独自に開発したLiving Lining®︎というテクノロジーも搭載しています。さらに、メンブレーンと裏地の間にダウンやインサレーションを入れることも可能。もちろん、サンプルが完成した段階でGore社の厳しいテストを受けるため、高い防水性に変わりはありません。また、後述の3レイヤーに比べると、手触りが柔らかく、着心地の良さにも定評があるのです。

ワンポイントメモ:
GORE-TEX Paclite®とは?
Burtonのアパレルに採用されているこちらは、剥き出しのメンブレーンに汚れの付着などを防ぐ保護膜をコーティングしたもの。そのまま生地としての使用が可能で、より軽く、より柔らかい仕上がりが特長です。

Living Lining®︎とは?
体温に反応するLiving Lining®は、体が温まっているときには吸汗性が加速され、逆に冷えているときは熱を捕えます。つまり、常にほど良く快適な環境を提供できるのです。

GORE-TEXの最高峰、3レイヤー!

sync02.jpg
3つの層全てがGore社開発のため、防水透湿における技術が凝縮されています

sync01.jpg
パウダーを求めて雪山を探索するのなら、3レイヤー+レイヤリングで臨みましょう
Rider: Yuka Fujimori / Photo: KentaRAWmatsuda

一方の3レイヤーは、表地と裏地でGORE-TEXメンブレーンを挟んで圧着させた3層構造(表地+メンブレーン+裏地)を指します。Gore社がブランドに提供する圧着済みの生地のみでウェアが作られるため、とても軽量でいて頑丈、さらに優れた透湿性を提供できるという魅力があります。そのため、レイヤリング次第では厳冬期から春先まで活躍してくれるのです。特に汗冷えが致命傷になり得るバックカントリーでは、レイヤリングの細かな調整ができる3レイヤーのウェアが重宝されるわけです。ただ、2レイヤーに比べると1層分多く圧着しているため、生地自体が硬く感じられたり、ややゴワゴワした着心地をイメージする人もいるかもしれません。ですが、そこは40年以上前から防水透湿素材を提供してきたGORE-TEX。進化していないわけがありません。GORE-TEXメンブレーンを使い分けたり、表地や裏地はもちろん、圧着技術の進化などもあり、以前と比べて格段に肌触りが柔らかく感じられるでしょう。3レイヤーのウェアがゴワゴワするというのは、ひと昔前の話なのです。

ワンポイントメモ:
GORE-TEX Proとは?
通常のGORE-TEXファブリクスよりも耐久性に優れた表地に加え、さらに透湿性の高い専用メンブレーンを採用。より過酷な環境でのスノーボードを可能にします。

C-Knit™️バッカーとは?
ニットの進化系で、しなやかでいて柔らかく、快適な肌触りが特徴的な裏地。ミッドレイヤーにフリースを着用しても、袖の出し入れでの引っ掛かり感が少ないのもポイントです。

マイクログリッドバッカーとは?
特許登録済みの裏地で、耐摩耗性に優れ、透湿性の向上や軽量化を実現しています。

もちろんBurtonでは、2レイヤーも3レイヤーも展開しています。豊富な選択肢があるからこそ、自分にパーフェクトフィットするスノーボードウェアを見つけることができるのです。この冬は、ぜひGORE-TEXプロダクトで素晴らしいシーズンを過ごしてください!

BurtonのGORE-TEXプロダクトは、こちらからご覧ください。




SHARE