Burton的レインジャケットの選び方!

MattNoseworthy_SS22Rainwear_DruKennedy_4500のコピー.jpg
Photo: Dru Kennedy

本格的な梅雨シーズンを前に、ややテンション下がり気味な今日この頃。「雨の日だって楽しく出かけたい!」なんて人には、ハイパフォーマンスでオシャレなレインジャケットが必要不可欠です。Burtonでは多種多様なレインジャケットを展開しているので、きっとアイテム選びに迷う方も多いでしょう。今回は、各モデルの解説やストアスタッフのコメントと共に、みなさんのレインジャケット選びをサポートします。

普段使いに十分な防水性&透湿性!

通勤や通学、子供の送り迎えなど、普段使いに最適なのがVeridryシリーズのレインジャケットです。2.5レイヤー(2.5L)と2レイヤー(2L)の展開で、その違いは構造にあります。2.5レイヤーは、表地+メンブレーンという一般的なジャケットの構造に、保護用の特殊コーティングを施したもの。一方の2レイヤーは、表地+メンブレーンに裏地(ライナー)を加えたものです。裏地がない分だけ、2.5レイヤーは2レイヤーに比べて軽いところが最大のメリットと言えます。ちなみに、Men’s Veridry 2L Rain Jacketの裏地にはLiving Lining®︎が搭載されています。体温に反応することで常に快適な環境をキープするテクノロジーで、都市部での生活にも役立つ機能です。

レインジャケットのパフォーマンスを知るうえで、絶対に覚えておきたいのが耐水圧(mm)と透湿性(g)。耐水圧とは、どの程度の水圧に耐えられる防水性を備えているかを表す数値です。例えば耐水圧10,000mmであれば、生地の上に1cm四方の筒を立て、そこに10,000mm = 10mの高さまで水を入れたときの水圧に耐えられる防水性を意味しています。レインジャケットに必要な目安としては、小雨で300mm、大雨で10,000mmとなっています。巷で販売されている安価なレインジャケットの耐水圧が約3,000mmなのに対し、Veridryシリーズは耐水圧10,000mmなので、ゲリラ豪雨でもジャケット内部が濡れる心配はありません。そして、防水性と共に重要なのが透湿性です。透湿性とは生地の内側から外側へ蒸れ(水蒸気や湿気)を逃がす性質で、24時間にどれくらいの水分(g)を放出できるかを数値で表しています。この数値が低いと、外部から水が染み込むことはなくても、汗の蒸気でジャケット内部が蒸れてしまうのです。何もしていないときの成人男性で、1時間あたりの発汗量は約50g(24時間あたり約1,200g)が一般的です。軽い運動で約500g(24時間あたり約12,000g)、激しい運動で約1,000g(24時間あたり約24,000g)と言われています。Veridryシリーズは透湿性15,000gなので、徒歩はもちろん自転車での移動でも、ジャケット内部が蒸れることなく快適に過ごせます。

Veridryシリーズのレインジャケットには、夜道でも安心のリフレクターや鍵の紛失を防止するキークリップなど、普段使いで役立つ機能も満載です。さらにパッカブル仕様なので、常にバックパックに入れておくことをオススメします。ここで紹介する3モデルは、どれも耐水圧/透湿性が10,000mm/15,000gと普段使いに適したスペックになっているので、デザインやカラーでお好みを選ぶと良いでしょう。もちろん、キッズ&トドラーモデルも展開しています。

Women's Veridry 2.5L Rain Jacket
Women's Veridry 2.5L Rain Jacket
Men's Veridry 2.5L Rain Jacket
Men's Veridry 2.5L Rain Jacket
Men's Veridry 2L Rain Jacket
Men's Veridry 2L Rain Jacket

オススメポイント

  • 耐水圧10,000mmなので、ゲリラ豪雨でもジャケット内部が濡れる心配はありません!
  • 透湿性15,000gなので、ジャケット内部が蒸れることなく快適に過ごせます!
  • 普段使いで役立つ機能も満載!


「毎日の通勤でMen’s Veridry 2.5L Rain Jacketを愛用しています。雨の日は、TシャツやロンTの上に着るとちょうど良いです。リフレクターが付いているので、夜の自転車移動も安心ですね。このジャケットを語るうえで外せないのが、何と言ってもそのデザインです。特にDress Blue Maalavidaaカラーは、ストアにくるお客様の反応も良いですね。ちなみに通勤で道頓堀を通るのですが、心なしか周囲の視線を感じます(笑)」
吉田育夢(Burton Flagship Osaka)

すでにハイスペックなレインジャケットは持っているので、軽さ重視のウインドブレーカーが欲しいという方には、Breezerite Jacketがオススメです。突然の雨はもちろん、肌寒い夜や気温の変化が激しいアウトドアで大活躍するジャケットです。撥水性に優れ、肌触りの良い素材で着心地抜群。約170g(メンズLサイズ)と超軽量なので、1着あると安心ですね。

Women’s Breezerite Jacket
Women’s Breezerite Jacket
Men’s Breezerite Jacket
Men’s Breezerite Jacket

オススメポイント

  • 肌寒い夜や気温の変化が激しいアウトドアで大活躍!
  • 肌触りの良い素材で着心地抜群!
  • 約170g(メンズLサイズ)と超軽量!

最高レベルの防水性&透湿性が魅力のGORE-TEX Paclite®︎!

短めのトレッキングやキャンプなど、比較的軽めのアウトドアに最適なMultipath GORE-TEX Shell Jacket。コンパクトに収納できるGORE-TEX Paclite®︎ファブリクス採用で、Gore社のハイレベルなテストをくぐり抜けた防水性&透湿性も備えています(ちなみに、GORE-TEXプロダクトには耐水圧や透湿性の数値が表記されていません。必要なパフォーマンスは備えているため、ユーザーに細かな数字に捉われてほしくないという考えの現れです)。さらに、スマホにジャストサイズな防水TPUバッグやキャリースリングなど、ファンなアクティビティで役立つ機能も多数搭載。脇のベントを開ければ、ジメジメした雨の日でも快適に過ごすことができます。天気に関係なくアウトドアを楽しみたいなら、こちらのジャケットで決まりですね。

Women’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Women’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Men’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket
Men’s Multipath GORE-TEX Shell Jacket

オススメポイント

  • コンパクトに収納できるGORE-TEX Paclite®︎ファブリクス採用!
  • Gore社のハイレベルなテストをくぐり抜けた防水性&透湿性!
  • ファンなアクティビティで役立つ機能も多数搭載!


「夏の登山では雨が降ることが多く、レインジャケットを着なくてはいけないシーンがよくあるんです。意外とベンチレーションが付いていないものもあるんですが、それだと内部が蒸れがちなんですよね。Women’s Multipath GORE-TEX Shell Jacketは脇にベンチレーションが付いているので、気温が高めな雨の日でも快適に過ごせるのは大きなメリットです。あとは、カラーやデザインが良い意味でアウトドアブランドっぽくないので、街でも着られるオシャレなところもお気に入りです」
坂田美幸(Burton Flagship Nagano)

究極の防水性&透湿性に加え、圧倒的に軽量でタフなGORE-TEX Paclite®︎ Plus!

本格的な登山や長めのトレッキングなど、よりハードなアクティビティには[ak] Surgence GORE-TEX Jacketがオススメです。何より注目すべきは、極限まで荷物を減らしたいシチュエーションで重要な圧倒的軽さと優れた機能性の両立。究極の防水性と透湿性に加え、耐久性にも優れたGORE-TEX Paclite®︎ Plusファブリクス採用で、約360g(メンズLサイズ)と驚くほど軽量です。つまり、[ak] Surgence GORE-TEX Jacketはシビアなシチュエーションにピッタリということ。また、ポケットやその他ディテールも充実しているので、オフスノーアクティビティだけでなく、スプリットボードなどオンスノーでも活躍します。

Women’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Women’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Men’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket
Men’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket

オススメポイント

  • 究極の防水性と透湿性に加え、耐久性にも優れたGORE-TEX Paclite®︎ Plusファブリクス採用!
  • 約360g(メンズLサイズ)と驚くほど軽量!
  • スプリットボードなどオンスノーでも活躍!


「Women’s [ak] Surgence GORE-TEX Jacket最大のメリットは、何と言っても圧倒的な軽さです! オフシーズンは登山をすることが多いんですが、いかに荷物を軽くできるかが重要なんです。GORE-TEXだから防水性や透湿性の心配をする必要はないし、さらに超軽量なんで登山にピッタリなんです。ベンチレーションやメッシュポケットもあって、夏の登山以外にも、春のスノーボードやハイクアップとオールシーズン使えるのでオススメですね」
大江光(Buton Flagship Tokyo)

今回は、普段使いからハードなアウトドアアクティビティまで、様々なシーンに最適なレインジャケットを紹介しました。優れた機能性はもちろんのこと、どれもパッカブル仕様で持ち運びが楽々。さらにbluesign®︎認証素材& PFCフリーの撥水加工採用で、環境に優しいサステナブルなプロダクトになっています。天気に関係なくアウトドアを思いっきり楽しむために、ぜひ自分にピッタリなレインジャケットを見つけてください。




SHARE