2020年までの達成を目指す
サステナビリティのゴール

– Our Product –

Burtonは、プロダクトにおけるサステナビリティの向上を3つのエリアで実行しています。ソフトグッズ、ハードグッズ、そしてパッケージです。最高レベルの安全性と環境責任を確かなものにするため、2020年までにデザインするソフトグッズ(2022シーズンモデル)を全てbluesign®プロダクトにします。さらに、オーガニックコットンのみを使用し、より多くのリサイクルポリエステルを使い、撥水加工は全てPFCフリーにします。また、ハードグッズの製造におけるCO2排出量を20%削減し、パッケージにはコンポスト/リサイクル可能な素材のみを採用します。

最高のプロダクトを作ることはBurtonにとっての最優先事項です。ブランドが存在する限り、より良いプロダクトへの追求に終わりはありません。そして、私たちのプロダクトを語るうえで欠かせないのがサステナビリティです。使用する原料や製造工程だけでなく、使わなくなったプロダクトも含め、あらゆる側面からサステナビリティを考えているのです。

bluesign®

Burtonには、2020年までにソフトグッズの100%をbluesign®プロダクトにするという目標があります。消費者や環境にとって有害な化学薬品を使わず、製造工程における水や燃料の使用量を削減し、空気や水を汚染しない……、そんなプロダクト作りにおいて、bluesign®は最高のスタンダードだと考えています。Fall 2020/Winter 2021シーズン、Burtonアウターウェアの98%、ベースレイヤーの94%、バックパックの79%がbluesign®プロダクトになります。全体では、使用しているマテリアルの78%がbluesign®︎の認証を受けています。この割合は世界最高レベルであり、私たちはそれを誇りに思っています。

ライフタイムワランティ

最もサステナブルなプロダクトは、長く使えるもの。Burtonでは、全てのバッグとソフトグッズがライフタイムワランティ対象になっていま。それ以外に関しても、W48ワランティが48時間以内の対応を約束します。※ワランティに関する詳細はこちらをご覧ください。

プロダクトのその後

Burtonは、プロダクトの寿命がきたときのことをデザインの段階から考えています。もしプロダクトが壊れてしまった場合、まずは修理での対応を進めます。そして交換が必要な場合でも、産業廃棄物を出さないよう最善を尽くしています。例年、廃棄ボードの60~85%を地元ブルワリーの試飲用グラスホルダーやオフィスの棚、スタッフの名札などにダウンサイクルしています。2019年は、ワランティに届いたプロダクトのうち28%を修理で対応しました。2020年までに、これを40%にまで引き上げていきます。もちろん、プロダクトを廃棄しなくてはならない状況も考え、毎年、新たな手法を取入れていきます。

ライフサイクルアセスメント

Fall 2021/Winter 2022シーズンまでに、Burtonは全てのハードグッズ(ボード、バインディング、ブーツ、ヘルメット)において、CO2の排出量を20%削減することを目標としています。原料の確保から製造、運搬、プロダクトが寿命を迎えるまで、ライフサイクルアセスメント(LCA)を導入することで、特に環境への影響が大きいエリアを明確なものにします。そのうえで、プロダクトのデザインや素材選び、製造工程、エネルギー源を改善し、環境へ与える影響を軽減するのです。広範囲にわたってLCAを導入することで、スノースポーツ業界をリードしています。

環境に優しい素材

Burtonが環境に与える影響として、最も大きな割合を占めるのはプロダクトです。そのため資源の消費量を可能な限り抑え、製造工程におけるCO2の排出量を軽減する努力を続けてます。オーガニックコットンやリサイクルポリエステル、bluesign®︎認証素材など、環境に優しいものを使うよう徹底しています。スノーボードにおいては、バイオ原料をベースにしたスーパーサップ®樹脂を採用しています。さらに、製造者やライダーが有害な化学物質に触れることがないよう、ラッカー塗料の使用もやめました。

レスポンシブルソースドダウン

アウターウェア&アパレル業界における動物福祉を向上させるため、Burtonでは、ジャケットに使用するダウンの100%を社会的責任に基づき採取されたものを採用しています。農場から製品になるまでの全行程を追跡することができ、人道的な扱いを受けているダックやグースから採取されたダウンであることを保証します。もちろん、検証は第三者機関によって行われます。

パッケージ

プロダクトパッケージの100%をリユース、リサイクル、コンポスト可能なものにする。プロダクトパッケージでは、最低でも80%のリサイクル資源を使う。プロダクトパッケージは全て無駄のない“適したサイズ”で作り、廃棄物と輸送時に排出されるCO2を削減する。Burtonでは、これらを2020年までのゴールに設定しています。また、日々変化する世界中のマーケットをふまえ、あとで処分されることを考えたうえでデザインしています。ユーザーが正しい処分方法を理解できるように、必要事項の記載も徹底しています。

スノーボードの製造

Burtonのオーストリア工場は、30年以上にわたり私たちと同じ道を歩んでおり、製造工程におけるサステナビリティを徹底しています。必要な原料を半径400km以内から集めることで、輸送中に排出されるCO2をカット。ウッドコアを工場内で作り、その際に出た木屑を燃やすことで、ボードのプレスや工場とオフィスの暖房設備に必要なエネルギーをまかなっています。サイドウォールとベースの廃材は全てリサイクルされ、水の再利用も推進することで使用量を約半分まで削減しています。さらに、Burtonが掲げるCO2排出量の削減を推進するため、アジアの2つの工場ではソーラーパネルでエネルギーを確保しています。
企業の力を社会のために —

BurtonはBコーポレーション™認証企業

これは、サステナビリティや社会的責任、会社の透明性、そして自らに責任を課すという点において、非常に高い基準をクリアしたことを意味しています。
Go back to top