2020年までの達成を目指す
サステナビリティのゴール

– Our People –

プロダクトだけでなく、完成までのプロセスも信頼できるものでなくてはいけません。Burtonは、2020年までに全ての工場で公正労働協会(FLA)のコンプライアンスを100%徹底させます。これは、私たちのプロダクトの製造に関わる全ての人が安全かつ健全に、そして地球に優しい環境で仕事をしてもらうためです。本社から店舗まで、ユニークなカンパニーカルチャーを守り、豊かなパーソナリティを育み、様々な考え方を尊重することで、Burtonはハイペースで成長し続けていきます。

自然に比べたら、人間は小さな存在です。だからこそ、Burtonでは関わる全ての人たちがより良い生活を送れるよう努力しているのです。工場では国際人権の最高基準を満たせるよう尽力し、カンパニーカルチャーを守り、そしてBurtonプロダクトを身につける全ての人のことを考えています。つまり、私たちは関わる全ての人たちにポジティブな影響を与えたいのです。

サステナブルなカルチャー

Burtonのカルチャーは私たちの土台であり、ブランドの誕生から育まれてきたかけがえのないものです。毎日150匹以上の犬が飼い主と一緒に出社し、好きな野菜を育てられるオーガニックガーデンがあり、地元で焙煎されたオーガニックコーヒーやエスプレッソ、フルーツの無料提供もあります。オフィスの敷地内にはスケートランプや30ヶ所のコンポスト/リサイクルステーションが設置されており、トイレで使う石鹸もオーガニック。ランチ休憩の時間には、冬の自転車通勤を快適にする秘訣や自宅でニワトリを飼育する方法、自分だけのクラフトビール醸造のやり方、発酵食品の作り方など、年間を通して様々なDIYクラスが開かれています。さらに、フレックスタイムやローカルリゾートのシーズンパス提供、パウダーデイのオフィスクローズなど、常にスタッフがヘルシー&ハッピーでいられるように考えているのです。

公正労働協会(FLA)

Burtonでは、全社及び全サプライチェーンにおける安全な労働環境や倫理的待遇、公正な労働条件を確かなものにするためコミットしています。全ての工場で基準を満たしているかをモニタリングし、また最良の形で実行できるよう必要なリソースを提供しています。サプライチェーンにおけるBurtonの社会的責任プログラムは、2020年に公正労働協会(FLA)から認可されたものです。公正労働協会は非営利組織で、労働者の権利を主張、保護することを目的としています。また国際基準を満たせるよう、世界規模での労働環境向上にも努めています。

環境、健康、安全性

Burtonが遵守する使用禁止物質リストは、人々や環境にとって安全な化学薬品と素材のみの使用を徹底するうえで欠かせないものです。重金属や塩素系溶剤、フタル酸エステルといった有害物質を使用することはありません。業界最高レベルのbluesign®の認証を受けたプロダクトは、安全な化学薬品のみを使用し、製造工程における資源の保全、消費者や製造者の安全、空気と排水の清潔さなどの最高基準をクリアしたものなのです。2020年に向けて、Burtonでは全ての撥水加工をPFCフリーのものへとシフトしていきます。これは長鎖物質ベースのものは環境へ有害性が懸念されているためです。

男女同権

2003年、Burtonのリーダーシップチームにおける女性の割合は10%以下でした。それが、今では40%にまで上がっています。2004年にオーナーのドナ・カーペンターが女性の地位向上を掲げてから、多くのことが達成されました。男女同一賃金、メンタリングプログラム、育児休暇、もちろん女性のための職能団体もあります。。2017年、ドナは希望するスタッフ全員をワシントンDCのウーメンズマーチ(女性たちの行進)に連れて行きました。Burtonにおける男女同権は1982年にまでさかのぼり、Burton US Openで男女同額の賞金が支払われたのです。

Chill

Burton Snowboardsの創設者であるジェイク・バートンとドナ・カーペンターによって立ち上げられた特定非営利活動法人Chillは、1995年から変わらず、様々な問題を抱えるキッズを横乗りでサポートしています。年間2,000人を超えるキッズをサポートしているChillは、現在北米では15都市でプログラムを開催しています。より気軽に横乗りを楽しめるように、必要なギアは全て無償で提供。プログラムを通じて身につけたものは、雪山でも街でも、未知なる世界へ1歩踏み出す勇気となるのです。Chill Japanの活動はこちらから。

企業の力を社会のために —

BurtonはBコーポレーション™認証企業

これは、サステナビリティや社会的責任、会社の透明性、そして自らに責任を課すという点において、非常に高い基準をクリアしたことを意味しています。
Go back to top